トップページ | 長岡と蘇芳 »

2018年4月22日 (日)

春日の菅井

産業看護師は健康にはたらけるように従業員に保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。

産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは無理かも知れません。



興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ちょうだい。

沿ういったサイトでは、産業看護師の求人持たくさん掲載されています。
看護師であっても転職している回数が少なくないと不利に働くのかというと、沿うであるとは言い切れません。

自己PRの方法を工夫すれば、意欲と経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)があるといったイメージを与えられるかも知れません。沿うは言っても、勤務期間があまりにも短いと、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう場合もあるでしょう。

看護士の求人は幾らでもありますが、願望通りの条件の求人があるとは限らないものだそうです。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない場所で働きたいと思う人が多いはずです。願望に合う勤め先に転職する為には、たくさんの情報を蒐集することが大事です。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するととっても特殊であり、その上に職場によっても変わります。
職場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。



しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。病院などで働く看護専門職がちがう仕事先へ変わる際の間違いマッチを避ける為には、最初に願望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。
夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、例えばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。看護職は慢性的に人が足りず仕事は幾らでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で限界を待つ意味はありません。

看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが普通でしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にもさまざまとあります。

保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の各種のケアをするのも看護師の役割です。


また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い拘束時間となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。

勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、看護師が高い割合で離職していくりゆうのひとつと考えられます。看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお薦めです。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には記載されていないケースも少なくありません。
その点、看護専門のオンライン求人サービスには、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人立ちの傾向をつか向こと等も可能です。

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。

トップページ | 長岡と蘇芳 »

ギャンブル」カテゴリの記事

無料ブログはココログ